東日本大震災 Archive

3年前の今日

多くの日本人がとてつもないショックを共有したこと。 戦後で言えばそれまでに他にあったのか? 少なくとも私が生まれてからは無い。 「生・死」というものを見つめることがこんなにつらく しかしそのことに目を背けてはいけないとい […]

2年前の今日

2年前の今日になる前の状況を思い出す。 リーマンショック後の復調の雰囲気。

ロンドンオリンピックに見る団体戦の強さ

いよいよロンドンオリンピックも終盤。 今回のオリンピックは以前の大会に比べて 金メダルは少ないもののメダル数自体は多いように思います。

沸々とわき起こる言霊

ある同志の行政マンの方の言霊です。 今日はその文章をそのまま載せさせていただきます。 原発がどうのこうのではなく。 単純にこのようなことが全国どこでも 直ぐ私たちの身近なところで起こっているということ。 3.11以降、日 […]

【強く拡散をお願いします!】被災地という問題だけではすまされません

私が大尊敬する八王子市の行政マンの方からFacebookで 下記のような発信をいただきました。 彼は震災後福島県浪江町の方々の応援をずっとしていますが 浪江町と言えば「焼きそば」と思い浮かべる方も多いでしょう。

バルーンリリース 3.11

あれから1年。 みなさんは、2012年3月11日をどう過ごされましたか?

「被災地の人びとと共に歩むための指針」

一橋名誉教授にして昨年より明星大学の教授に就任された関満博先生。 3月11日は、15時からの講演に備え、釜石市内ベイサイドホテルの控え室で あの瞬間に直面することとなったのでした。

私たちの国の未来

私たちに、子供たちに、この国にどんな未来が待っているのか 明らかなことは、国同士の争いや宗教間の争いがどんなに無意味だということ。 人と人との出会いや別れに私たちは素直な感情を抱きます。 その感覚におそらく国境というもの […]

くりっこ屋の手づくりかりんとう

震災直前にたまたま出会い、美味しくいただいたくりっこ屋さんのかりんとう。 これはお世辞ではなく今までに食べたことの無い風合と美味しさ。 軽いということもありサクサク食べてしまいます。

来年の話をすると鬼が笑う

「来年の話をすると鬼が笑う」 もちろん来年、つまり未来のことは予測できないという意味ですが 予知能力のあると言われる鬼が、来年の話をする人間を見て 「明日のことすら分からぬくせに」と笑うとか・・・ 続きをもっと読む!!> […]