催事ツアー後半戦スタート♪

生地 リブニット ニット生地
父の日に向けいよいよ催事ツアーの
後半戦がスタートしました 布と生地

生地 リブニット ニット生地
後半戦のスタートは初三越日本橋本店さん。

生地 リブニット ニット生地
今回事前にカードをお持ちのお客様向けの媒体に
父の日特集として掲載いただき

生地 リブニット ニット生地
エスカレーターのお知らせ版にも

生地 リブニット ニット生地
ピックアップいただいています。

生地 リブニット ニット生地
来週からは新宿伊勢丹さん。
父の日の週末は、銀座松屋さんと福岡に初上陸して
岩田屋本店さんでのトリプル開催となります 布と生地

生地 リブニット ニット生地
前半のダブル開催を何とか乗り切ったので
その経験を活かしてトリプル開催も気張ります!

生地 リブニット ニット生地
お近くの際は是非お立ち寄り下さい 布と生地









2位じゃダメなんですかぁ~(笑)
にほんブログ村地域生活(街) 東京ブログ 墨田区情報へ
ポチッとよろしく銅像=








・eデパート 夏のごあいさつギフト【期間限定】
2013年5月10日~8月(品切れの場合の再入荷は未定)
http://bit.ly/13paWck
西武池袋本店 6階(中央B7)「ビー マイ ギフト」でも同時展開。
期間限定のためご来店の際は事前にお問い合わせをお願いします。
http://bit.ly/14e24Fx

6月 催事
・日本橋 三越本店 5階スペース#5
2013年5月29日~6月11日 (14日間)
http://bit.ly/afIB2T

・伊勢丹 新宿店 5階家庭雑貨
2013年6月5日~6月18日 (14日間)
http://bit.ly/8Y7cFo

・松屋銀座 5階紳士服飾雑貨
2013年6月12日~6月16日 (5日間)
http://bit.ly/lRNTZH

・岩田屋本店 新館6階 ステージ#6
2013年6月12日~18日(7日間)
http://bit.ly/vimb2x

・阪神百貨店 梅田本店 7階テーブルエッセンス
2013年6月19日~25日(7日間)
http://bit.ly/7TadZh

・阪急百貨店 うめだ本店 10階うめだスーク
2013年6月26日~7月2日(7日間)
http://bit.ly/aHXsK4

・京都タカシマヤ 6階マピエス
2013年7月3日~9日(7日間)
http://bit.ly/18droOf

7月 催事
・小田急百貨店 町田店 6階インテリア・家具
2013年7月10日~16日(7日間)
http://bit.ly/16GDyBG

8月 催事
・伊勢丹 新宿店 5階ザ・ステージ#5
2013年7月31日~8月13日 (14日間)
http://bit.ly/8Y7cFo




Comments
  1.  初めまして、図鑑作家で博物画を描く中山れいこと申します。
     布草履すごくいいですね。

     5歳の頃から編み物をしているので、幼少時からメリヤスには興味があります。今年一月に少年写真新聞社から上梓した『いのちのかんさつ4 カイコ』の中で、繭1個から作った真綿で「直径4cmくらいの、かぎ針編みのモチーフが編めるよ」と、書いたくらい、織物よりも編み物が身近です。
     実は、室内で飼育するカイコを家蚕と言い、野外でマユを作るガを野蚕と呼びますが、野蚕の糸は家蚕の糸とは違う性質を持っていて、家蚕と野蚕の良いとこ取りの糸を編んでみたい(工業的に)と、この頃思っています。私が思っているのは、昔のリブ編みの腹巻き状の編みかた。もっと細かいリブでスパン糸も編み込みたいと思うし・・・、しかし、糸商の友人が住む桐生には輪編み機がもう無い。奈良まで行くと編めるかも・・・と言われました。

     今朝朝日新聞を見て、「?」と思い、このページ拝読しました。現状は拙書の監修者の赤井先生の手元に、生産見本としてアジアで作った野蚕糸が2kg(家蚕糸は桐生で、どのような糸でも手に入ります)あるだけで、何も始まっているわけでは無いのです(織物の見本は高級品として織りました)が・・・、私と赤井先生は、絹産業が閉じていく未来を、身近な健康繊維として開くことを考えていて、文京区在住の私は、東京で考えたいのです。

     でも、野蚕糸と家蚕糸の配合率は、これから考えなくてはならないのです。
     しかし、考えを纏める突破口として、墨田区でご意見が頂けて、もしかして試し編みが出来るかなあと・・・、ボーッと夢想したのです。

     朝から、メリヤス戦隊に元気をもらいました。否定文でも何でも、お返事がうかがえましたら嬉しいです。

    • 昨日この文章を、お送りしたつもりですが、送られていないようなので、再送いたします。

      初めまして、図鑑作家で博物画を描く中山れいこと申します。
       布草履すごくいいですね。

       5歳の頃から編み物をしているので、幼少時からメリヤスには興味があります。今年一月に少年写真新聞社から上梓した『いのちのかんさつ4 カイコ』の中で、繭1個から作った真綿で「直径4cmくらいの、かぎ針編みのモチーフが編めるよ」と、書いたくらい、織物よりも編み物が身近です。
       実は、室内で飼育するカイコを家蚕と言い、野外でマユを作るガを野蚕と呼びますが、野蚕の糸は家蚕の糸とは違う性質を持っていて、家蚕と野蚕の良いとこ取りの糸を編んでみたい(工業的に)と、この頃思っています。私が思っているのは、昔のリブ編みの腹巻き状の編みかた。もっと細かいリブでスパン糸も編み込みたいと思うし・・・、しかし、糸商の友人が住む桐生には輪編み機がもう無い。奈良まで行くと編めるかも・・・と言われました。

       今朝朝日新聞を見て、「?」と思い、このページ拝読しました。現状は拙書の監修者の赤井先生の手元に、生産見本としてアジアで作った野蚕糸が2kg(家蚕糸は桐生で、どのような糸でも手に入ります)あるだけで、何も始まっているわけでは無いのです(織物の見本は高級品として織りました)が・・・、私と赤井先生は、絹産業が閉じていく未来を、身近な健康繊維として開くことを考えていて、文京区在住の私は、東京で考えたいのです。

       でも、野蚕糸と家蚕糸の配合率は、これから考えなくてはならないのです。
       しかし、考えを纏める突破口として、墨田区でご意見が頂けて、もしかして試し編みが出来るかなあと・・・、ボーッと夢想したのです。

       朝から、メリヤス戦隊に元気をもらいました。否定文でも何でも、お返事がうかがえましたら嬉しいです。

  2. 下町の莫大将

    中山様
    コメントありがとうございます。
    絹の扱いは非常に難しく今後も色々と壁はあると思います。
    ただ品物としては高級品ですので未来がないわけではありません。
    なにかお役に立てればと思いますので一度ご連絡ください。
    ただ催事は夏一杯は続きますので秋口の方が助かります。
    よろしくお願いいたします。

ADD YOUR COMMENT

CAPTCHA