おでんと日本酒 「ごでん屋」

生地 リブニット ニット生地
またステキで美味しいお店をご紹介いただきました。
場所は東京スカイツリーのお膝元押上。

生地 リブニット ニット生地
A4に書かれた看板はこの場所で夜だけ間借りして営業しているから 布と生地

生地 リブニット ニット生地
お料理は1,800円と2,500円のコースのみで
お料理の一品一品に合わせたお酒を都度、徳利で出してくれます。

生地 リブニット ニット生地
「自家製寄せ豆腐」には「風の森」という奈良の純米酒を
ゆず皮入りで40度で燗をして

生地 リブニット ニット生地
「蒸し冬野菜の餡かけ」には「開運」という静岡の純米生原酒を15度で

生地 リブニット ニット生地
この太刀魚とカワハギの刺身はメチャ旨でした!
太刀魚は愛媛、カワハギは島根でお酒は
「宗玄」という石川の純米吟醸生原酒を30度

生地 リブニット ニット生地
いちいち度数が気になると思いますがこのお店を切り盛りしている
五嶋慎也さんという国内外で日本酒イベントを手がけてきた燗付け師さん。

生地 リブニット ニット生地
お料理と日本酒の相性はもちろんその温度にまで拘りを持っている
燗のエキスパートとも言うべきお方の様。

生地 リブニット ニット生地
そして厨房には実は弟さんが立たれているのですが
この方もまた面白い方。

生地 リブニット ニット生地
お店が終わってから就寝というか仮眠だと思うのですが
午前1時過ぎには築地へ

生地 リブニット ニット生地
そして仲買のお店で魚の勉強のために修行中とか。
昼は昼でイベント、ケータリングのお仕事をされているようで
今この時間は、このごでん屋さんという感じの仕事ぶり。

生地 リブニット ニット生地
確かにこれからの働き方は一つの会社で一つの場所で
一生働き続けるというパターンは少なくなるのかも知れませんね。

一つのところで稼ぎきれないという経済的理由もありますが
色々なコトを同時にやりたいという理由も大いにあると思います。

ちなみにこのお店も昼間は違う方が別のことに使っているとか。
部屋だけでなくお店もシャアの時代ですね=

不思議なお店の名前ですが「一つ一つの素材を出汁により
最大限に生かしたお料理を」というコンセプトが
つまりおでんということなんですね。

でも本当に美味しかったぁ 布と生地

◎ごでん屋
定休日:土日祝日
住所:東京都墨田区押上3-10-9 押上文庫内
おまかせコース:2500円(約30種10皿)
ちょこっとおまかせコース:1800円(約15種5皿)
魚介しゃぶしゃぶ&おかませコース:3500円
TEL 03-3617-7471
要予約





2位じゃダメなんですかぁ~(笑)
にほんブログ村地域生活(街) 東京ブログ 墨田区情報へ
ポチッとよろしく銅像=





ADD YOUR COMMENT

CAPTCHA